記事の詳細

トイレの詰まりと言っても、原因はいろいろありますが、
やはり原因で一番多いいのは大を流して詰まらせることです。

もし詰まっても焦らない

すぐトイレを使用しないでいいなら、1~2時間、放置してみましょう。

トイレットペーパーは水溶性に作られているので、
時間が経てば溜まっている水に溶けだし、自然に流れる事があるからです。

 

水を試す

バケツに水を入れて少し高い所から便器の排水口をめがけて水を落とします。

水圧で押し流せる場合があります。ただし、便器の水面が高い状況ではこの方法は止めてください。
水面が高いと効果も無いし、床、壁に跳ねた汚水で汚れます。
この方法は床がタイル張りの和式トイレにおすすめします。
洋式トイレの場合は床がタイル張りなら良いですが、そうでなければ後の掃除を考えると止めておいた方が良いです。

 

お湯を試す

しばらく待っても流れなければ、50~60°のお湯を入れてみる。

5~10分待って流れてくれれば、更なる道具や業者に依頼しないで済みますが……

 

ラバーカップの出番

ここまで自然に流れてくれる方法を試しましたが、ダメなら一般的な方法のラバーカップを使います。

洋式と和式で形状が違いますから、便器に合ったラバーカップを用意します。
近くのホームセンター、スーパーマーケットなどで購入するか、マンションなど集合住宅では管理人さんからお借りします。
使い方は難しくは無いですが、回りを汚したくないので便器内の水面が高ければ、バケツに移して水面を下げておきます。
大きめのビニール袋(便器がスッポリ隠れる)があれば、中心に穴を開けラバーカップの枝の部分を通し、輪ゴムで止めておきます。
準備が出来たら便器の底の排水口にラバーカップを押し付けて、密着したら2~3回押したり引いたりします。
ゴボゴボと音が聞こえたら排水が出来ました。変化が無ければもう2~3回押したり引いたりします。
大概はこの辺で解決します。
養生を施したのでトイレの壁や床を汚さずに作業は終わりです。

 

詰まった物で方法は違う

ラバーカップで流れない、おもちゃ、雑巾、溶けないティッシュペーパー、生理用品などは便器を分解しないと、取れない事があります。

かえってラバーカップを使い状況を悪くする(狭い水路に異物を押し付けてしまう)事もあります。
こうなったら業者に依頼する事になりますが、プロの道具で解決してもらうか最後の手段で分解して異物を取り除いてもらいます。
参考までに調べましたら利用代金は分解しなければ8,000円、分解して15,000円でした。

 

便利なトイレつまり修理道具

炭酸ガスの噴出圧力を利用した道具や真空の原理を利用した道具など、ラバーカップより強力な商品があります。

デモテープを見ると成るほどと思える仕組みです。
ただし、ラバーカップの構造のようにシンプルな方が使い勝手は良いと思います。
値段もそれなりの金額で故障もあり得ます。
トイレの詰まりは忘れた頃にやってきます。
高級な道具も乾電池が切れていて使いたい時、使えないなどとゆう事もあります。
やはりラバーカップはベストチョイスだと思います。

 

 

トイレのトラブルドクターでお勧めの水道業者さんをご紹介させて頂きます。

お勧めの水道業者さん

業界最安値で修理が可能という事で、人気が高い水道修理業者【つまり解消.PRO】がお勧めです。

お勧めの理由はまさに、修理費用が安く、平均的な見積もり金額が業界最安値ということです。

また、作業員の方の修理スキルが高いことでも有名ですね、数々のブログで紹介されています。

口コミサイトでの評価が高いのもポイントです、第三者の評価が高い業者がやはり安心ですね

秘密は全国に展開している住宅設備ネットワークにあるようです、こちらのネットワークを使用することで

広告費を安く抑えることに成功し、全体的な経費が安くなることでお客様の負担費用も安くなっているようです。

簡単な修理の見積もり金額が、電話でスタッフの方に状況を説明して確認が可能なので、まずはお電話してみる事をお勧め致します。

URL:http://www.toire-tsumari119.com/

top

denwa_01

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る