記事の詳細

簡便な方法から順に
様子をみる

詰まって便器からお水が溢れそうな状態の場合は慌てずに様子をみます。
暫く様子をみている内に水位が下がるようなら詰まり具合は軽いです。
この場合はタンクの水は溢れると困るのでバケツで継ぎ足します。
更にトイレットペーパーが水に溶ければゴボゴボっと抜けてくれます。
これで解決できなければ便器の水面を下げて50~60℃のお湯を継ぎ足してトイレットペーパーの溶解を促進する方法を試します。

 

ラバーカップを使う

手元にラバーカップが準備出来れば、便器の排水口に密着させ2~3度押したり引いたりすれば大概の場合、解決します。

 

手で掻き出す

便器の汚水を汲み出し水面を下げておき、長めのゴム手袋を使い手で掻き出してみます。
排水口付近の詰まりならこれも有効な手段です。

 

薬品を利用して詰まりを溶かす

いろいろなパイプクリーナーが市販されていますが、トイレ用のものを選びます。
化学物質が含まれているので取り扱いには、十分な注意が必要です。
反応してガスが発生したりするので、十分な換気をしながら使用します。
使用方法や効果効能を十二分に理解してから作業をしないと安全な作業が出来ません。

 

炭酸ガスや圧縮した空気を利用した道具を使う

ガスや空気の噴出圧力を利用して詰まったものを強力に押し流す器具です。
使用方法は便器の排水口にガス噴出孔を密着させてガスを噴射させます。

 

バイオ技術を利用する

微生物の力を借りてパイプをきれいにして貰います。汚れなどの付着で細くなり詰まる原因になるパイプの内側を、微生物に分解してもらい流れを良くします。
定期的に微生物を投入していきますが、環境に優しいので安心です。

 

トイレ、便器の設置に間違いや施工ミスがあれば

これはトイレの詰まりで一番厄介な問題です。水が流れにくい構造や排水パイプに適切な傾斜の無いトイレでは、慢性的に詰まる恐れがあります。常に流れ切らずに固形物の滞留が考えられます。この様な場合は施工業者に是正をお願いするか、トイレ部分の改装をしなければ解決出来ません。一般の住宅では高低差を用いた自然排水ですから直さなければ、トイレの詰まりトラブルが恒常化します。

 

最後はプロに依頼する

いろいろな方法を試しても解決出来ない、あるいは自分では出来ない状況の場合は専門業者やプロの力を借りる事になります。
業者に依頼すれば施工代金が必要になります。
簡単に解決出来れば良いですが、便器を外して異物を取り除いて貰うような事になれば
出費は嵩みます。
水回りの専門業者を常日頃から調べておくのも良い事です。
施工金額をPCで調べると、都市部と地方ではやはり料金に違いがあります。
いざという時の為に自分が暮らしている地区はどれ程の料金なのか知っておくのも良い事です。
最後の手段としてプロにお願いとゆう事にならざるを得ませんが、日頃からトラブルを回避出来るようにトイレの構造を理解して上手に使用する事を考えます。
トイレ自体のキャパシティーが有る訳ですから、能力を超えた無理な使用は禁物です。

 

 

トイレのトラブルドクターでお勧めの水道業者さんをご紹介させて頂きます。

お勧めの水道業者さん

業界最安値で修理が可能という事で、人気が高い水道修理業者【つまり解消.PRO】がお勧めです。

お勧めの理由はまさに、修理費用が安く、平均的な見積もり金額が業界最安値ということです。

また、作業員の方の修理スキルが高いことでも有名ですね、数々のブログで紹介されています。

口コミサイトでの評価が高いのもポイントです、第三者の評価が高い業者がやはり安心ですね

秘密は全国に展開している住宅設備ネットワークにあるようです、こちらのネットワークを使用することで

広告費を安く抑えることに成功し、全体的な経費が安くなることでお客様の負担費用も安くなっているようです。

簡単な修理の見積もり金額が、電話でスタッフの方に状況を説明して確認が可能なので、まずはお電話してみる事をお勧め致します。

URL:http://www.toire-tsumari119.com/

top

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る