記事の詳細

滅多にないけど起こると困るもののひとつにトイレ詰まりがあるのではないでしょうか。
悪いものは流していないのに詰まってしまう原因は主に3つあります。

1つは量が多すぎた場合です。
トイレの配水管は直線ではありません。
一度に大量のトイレットペーパーや排せつ物を流そうとすると、配水管のカーブを曲がる時にひっかかってしまい、詰まってしまいます。
一度に全部流そうとするのではなく、多くなりそうな時には途中で一度流すようにしましょう。

2つ目は水量不足です。
節水を意識してレバーを途中で止めていたり、タンクにペットボトルなどを沈めていた場合などですね。
確かに大量に流れる水をみてしまうと、地球にもお財布にも優しくないように思えてしまいますが、トイレットペーパーや排せつ物をスムーズに流す為には、ある程度の水流は必要です。
メーカーが必要とした水量ですので、きちんと規定量を流すようにしましょう。

3つめは配水管内に尿石が溜まっている場合です。
古くなっていたり、使用人数が多い時に起こりやすい現象です。
こまめにトイレ掃除を行ったり、洗浄剤をセットしておくと予防になります。

トイレが詰まってしまった時に多くの方が試す方法に、洗面器やバケツを使って勢いよく水を流すというものがありますが、水跳ねしないようにと低い位置から一気にそそぐ方がいますが、それではあまり意味がありません。
配水管を通れる水の量には限度がありますので、水量はそこそこで勢いが大事です。
高い位置から配水管をめがけて、水が5cm幅程度の帯状になるくらいで流し続けるのが最も効果的ですよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る