記事の詳細

ウォシュレット、トイレタンク、便器などトイレ水漏れの発生個所はいろいろです。
トイレの外に水漏れが発生すると床の材質によっては水がしみ込んで腐食してしまうことがあります。
トイレの中に発生している水漏れでも水道代がかかり続けますので、少量でも気が付いた時には放置せずにお早目に直すことが大切です。
トイレの水漏れの原因に多いのが経年劣化によるものです。
パッキンやゴムフロート、結合部分が経年劣化してくると水漏れが発生することが多いです。
そんな経年劣化が予想される部分は定期的にチェックしておくと良いでしょう。
ナットが緩んできても水漏れが発生することがありますので、定期的に締めておくとある程度トイレの水漏れを防止することが出来ます。
もし水漏れが発生してしまったら元栓を閉めてこれ以上余計な水道代がかからないようにします。
パッキンの交換やナットの緩みくらいなら工具があれば簡単に直せますが、症状によってはご自身で直そうとするとかえってひどくなることがあります。
水道修理屋さんにお任せされた方が何かと安心ではあります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る