記事の詳細

■トイレ詰まりの原因

トイレの詰まりの原因は、大便、トイレットペーパー、などが詰まった状態や、水に溶けにくい布状のものなどを便器に落としてしまったことで起こります。
また、建物の築年数が古いと、長い年月をかけて尿石が配管にこびり付き配管が細くなっていて詰まりやすくなっているなども考えられます。
そんな時直し方を間違えて、慌てて水を注いで流そうとするなどの対処を取ると、却ってトイレ詰まりの原因となっている便やトイレットペーパーなどが奥へ押し込まれてしまい、詰まりを取り去ることが難しくなってしまいます。
トイレ詰まりが起こった時の対処としては、30分から1時間ほど間を開けてから流すと、詰まったものが柔らかくなり流れやすくなることで、詰まりを解消することができることがあります。

それから、トイレットペーパーを切らしてしまった際に、ティッシュペーパーを使ってしまいますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくいため、詰まりやすいのです。
同様に、紙おむつや生理用品も詰まりの原因となりますので、トイレには流さないようにしましょう。
トイレ詰まりの直し方は、幾つか方法がありますので、慌てずに対処してみましょう。

 

■トイレの詰まりの対処・ラバーカップ

軽度のトイレ詰まりであれば、ラバーカップを便器の流水口に軽く押し当て、勢いよく引き抜くという直し方があります。排水溝に排水が引き込まれるようになるまで、ラバーカップを上下に繰り返し対処します。ラバーカップを使用する際は、水位が便器の上面より10cm以上低くなるのを待ってから行いましょう。そして、汚水などで床が汚れないように新聞紙を敷き詰めておくと良いでしょう。
何回か上下にカポカポと排水部分から吸い出すように続けると、大抵の詰まりは解消されて、ゴゴゴゴという音と共に流れて修理することができます。

 

■お湯を使ってみる

排水口に重曹と酢を混ぜたお湯を注ぎ入れて、30分から1時間放置するという直し方があります。お湯は、熱くし過ぎると便器が割れてしまう恐れがありますので、50℃程度のお湯で十分です。
重曹と酢を混ぜると二酸化炭素が発生し、発泡した泡でこびりついた便や、詰まったティッシュなどを崩したり、溶かしたりします。重曹は計量カップ半分、酢は計量カップ1杯程度使用します。お湯の量はカップ1杯程度でも十分ですが、ヤカンで沸かしたお湯を大量に流し込んだ方が、効果的に修理できます。
途中、様子を見ながらラバーカップを使って詰まりが緩んでいるか確かめ対処します。
数時間経過しても、何も変化がないようであれば、便器の詰まりではなく配管が下水などの詰まりの可能性が考えられますので、業者に修理の相談した方が良いでしょう。

 

■試しても直らない時は

子供が間違って小さい玩具を落としてしまった、ボールペンを落としてしまったといったような場合、配水管のS字状の箇所に詰まってしまうとラバーカップでも取れないので、業者に修理を依頼した方が良いでしょう。
また、トイレの直し方が不適切なためにいつまで経ってもトイレが使えないと、大変ですよね。

トイレ詰まりを業者に対処して貰うと、料金は4千円~8千円もかかってしまいます。便器を外す直し方の場合は、1万5千円位~とさらに高額になってしまいます。安易に業者に対処して貰う前に、自分でラバーカップなどを使って詰まりを直せるかどうか試してみることをお勧めします。
しかし、集合住宅でトイレ詰まりによる水漏れが発生すると、階下に水が漏れて被害が拡大することがありますので、状況をよくみて修理を行いましょう。

 

 

お勧めの水道業者さん

業界最安値で修理が可能という事で、人気が高い水道修理業者【つまり解消.PRO】がお勧めです。

お勧めの理由はまさに、修理費用が安く、平均的な見積もり金額が業界最安値ということです。

また、作業員の方の修理スキルが高いことでも有名ですね、数々のブログで紹介されています。

口コミサイトでの評価が高いのもポイントです、第三者の評価が高い業者がやはり安心ですね

秘密は全国に展開している住宅設備ネットワークにあるようです、こちらのネットワークを使用することで

広告費を安く抑えることに成功し、全体的な経費が安くなることでお客様の負担費用も安くなっているようです。

簡単な修理の見積もり金額が、電話でスタッフの方に状況を説明して確認が可能なので、まずはお電話してみる事をお勧め致します。

URL:http://www.toire-tsumari119.com/

top

denwa_01

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る