記事の詳細

トイレ詰まりの直し方について

トイレが詰まったら

トイレつまりの経験は、どなたでもあるのではないでしょうか。普通どおりに使って、流してみると流れずに、ドンドン水位が上がってくるといった状態になると思います。当然、何とかして流さないと、とても困ることになります。対処としては、専門の業者さんを呼ぶ方法もあるのですが、業者さんは最後の対処手段として、ここでは自分で出来る直し方について書いてみたいと思います。

 

トイレが詰まる原因

トイレが詰まる原因には様々なものがありますが、一番多いのは便やトイレットペーパー、またはその両方が詰まってしまうケースでしょう。硬めの便は、意外にもトイレの排水管に詰まりやすいのです。その他にも、本来トイレに流さない固形物を流してしまったり、水に溶けないティッシュペーパー大量に流してしまったりした時にも詰まります。また、排水管が古くなってくると、スケールと呼ばれる硬い固形物が配管の内側にこびりついて管内が狭くなり、ものが詰まりやすくなるというのも原因の一つとなります。

 

トイレつまりの直し方

トイレつまりの直し方は、自分で対処する場合、ラバーカップという道具を使うのが一般的です。トイレのミ 水が流れていく口のところにラバーカップを当てて、押したり引いたりするアレです。ラバーカップは修理方法として簡単ですが、強く圧力をかけ過ぎると配管が壊れてしまうというリスクが避けられません。そこで、ラバーカップの前に、お湯や洗剤を使った方法をご紹介しましょう。

 

お湯を使う方法

トイレに つまりの直し方として、お湯を使う方法は、とても簡単です。便器の中に、お湯を注ぎ込むだけです。コツとしては、一度に注ぎ込まずにユックリと流し込んでいきます。お湯の熱で、便やトイレットペーパーを溶かしてしまうのです。ただし、お湯の温度が高すぎると、便器を痛めてしまいますので(最悪、割れてしまうこともあります。)、だいたい50度から60度までの範囲がいいでしょう。トイレつまりの部分めがけて、ユックリと流し込んでいきますが、この時は少し高い位置から流すとさらに効果的です。落差のエネルギーを利用するのです。

 

洗剤を使う方法

次に、洗剤を使う対処方法ですが、こちらもやり方は簡単で、便器の中に洗剤を溶かした水またはお湯を注ぎ込むだけです。洗剤にはたんぱく質などを分解する成分が入っていますから、便を素早く溶かしてくれる効果が期待できるのです。洗剤の種類は、ほとんど何でも大丈夫です。出来れば、固形ではなく液体洗剤がよいでしょう。水やお湯に溶けやすいからです。

 

まとめ

トイレつまりは、いつ何時発生するか分かりません。ここで紹介した方法が必ず役に立つ事があるでしょう。いきなり業者さんを呼ぶのではなく、とりあえず自分で試してみると、意外と解決できますので、おすすめです。業者さんに依頼すると、一般的には一万円以上の費用を取られますので、ここで紹介した方法でうまく行けば、とても経済的です。どれも家庭にあるもので対処出来る方法ですので、ぜひお試しになってください。全部試してもダメな時は、最後の手段として専門業者さんに依頼する事になります。

 

お勧めの水道業者さん

業界最安値で修理が可能という事で、人気が高い水道修理業者【つまり解消.PRO】がお勧めです。

お勧めの理由はまさに、修理費用が安く、平均的な見積もり金額が業界最安値ということです。

また、作業員の方の修理スキルが高いことでも有名ですね、数々のブログで紹介されています。

口コミサイトでの評価が高いのもポイントです、第三者の評価が高い業者がやはり安心ですね

秘密は全国に展開している住宅設備ネットワークにあるようです、こちらのネットワークを使用することで

広告費を安く抑えることに成功し、全体的な経費が安くなることでお客様の負担費用も安くなっているようです。

簡単な修理の見積もり金額が、電話でスタッフの方に状況を説明して確認が可能なので、まずはお電話してみる事をお勧め致します。

URL:http://www.toire-tsumari119.com/

top

denwa_01

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る