記事の詳細

トイレタンクの水漏れ

トイレのトラブルで、トイレ詰まりの次によく起きるトラブルが、トイレタンクに貯水された水が漏れてくる水漏れです。

トイレを使用した後しばらくたっても、タンクへ流れる水が止まらない。便器に流れる水が止まらない。トイレのタンクのどこからか水が漏れてくる。レバーが戻らずに水漏れが起きる。

トイレのタンクの水漏れは、致命的なトラブルには発展しませんが、トイレ内が水浸しになってしまったり、水道料金が高額になってしまったりと、とても困ることもあるので発見したら直ぐに修理するようにしましょう。

 

トイレのタンクの水漏れは、どこで起こっている?

トイレのタンクの水漏れの原因で考えられるものは、タンクとパイプの連結部分、水道管とタンクの連結部分がなんらかの原因で水漏れを起こしてしまっているケース。

このトイレのタンクの水漏れに関しては、トラブル部分の追及がしやすく、比較的簡単に原因を発見する事ができます。

 

もう1つはタンクの中の部品がうまく作動せずに、水が止まらずに水漏れしてしまっているケースです。これはずっと便器に水が漏れてしまったり、タンクに十分な水が溜まらずに排水力が弱まってしまうので、トイレ詰まりの原因にもなりとても危険です。

 

トイレのタンクの水漏れ対処方法

トイレのタンクの水漏れの対処方法で、まず最初にやらないといけない事は、水道の元栓を閉める事です、これさえ閉めてしまえばこれ以上水が漏れる心配は少なくなります。

トイレのタンクとの連結部分で水漏れが発生している場合は連結部分のナット等が緩んでいないか、パッキンが劣化していないかチェックしましょう。緩んでいるナットを閉めたり、パッキンを交換する事で、解決できる可能性が大きいです。

トイレのタンクの中での水漏れに関しては、一度ふたをあけて中の部品を見てみましょう。 それぞれのパーツがきちんと機能しているかチェックする必要があります。  部品が外れていたり、位置がずれていたり、ナットが緩んでいたりすると水漏れの原因にもなるので、見てみましょう。 しかし、あまりチェックをしすぎて水漏れを悪化させてしまう方もいるので、分からない場合は水道業者へ連絡して一度見てもらう事をお勧めします。 軽度な水漏れトラブルなら、格安で修理してくれる水道業者があるので、そういった業者に見てもらった方が、最終的には安くすむことがあるのでお勧めです。

 

上記の事を行っても、トイレのタンクの水漏れが直らない場合は、それ以上いじりすぎずに、一度水道業者へ見てもらう事をお勧めします。 タンクからの水漏れを放置したままトイレを使用する事は、トイレの衛生上よくありませんし、水漏れによって水道料金が上がってしまうので、早めに水道業者に連絡して修理をしてしまう事をお勧めいたします。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

今週のNo1.優良水道業者

 【トイレつまり解消.PRO】トイレのトラブル修理専門業者
ページ上部へ戻る